世界初、ドローンからのスカイダイビングが実現

ドローン製作会社Aeronesは世界初のドローンからのスカイダイビングを行った。

これに挑んだ人物はスカイダイバーのIngus Augstkalns。5月12日、28枚のプロペラを使用したAerones製ドローンに吊られながら高度330メートルまで上昇し、その高さからダイブ、パラシュートを使って見事着陸を成功させた。

昨年末にはドローンに掴まりながらサンタクロースの格好でスノーボードを行い、最後はそのままフィンランドのサンタクロース村へ飛び立つというCaseyNeistatの動画が注目を集めていた。

こうした試みを見るに、ドローンを簡易ヘリコプターとして個人が利用する時代もそう遠くないのかもしれない。